「ウトビラースパトラウバー」のリンゴ幹細胞エキス

スイスのリンゴ「ウトビラースパトラウバー」は保存する術がなかった18世紀ごろに品種改良をして開発されたリンゴでした。

 

このリンゴは長い時間保存しても腐らない(味の劣化がしない)という点では成功しました。

 

しかしながら一方で酸味が強烈過ぎたため、食品として人々に好んで食べられるリンゴではありませんでした。

 

更に保存の術(冷蔵技術や流通の技術そして保管の技術)が確立されてきたことに伴い生産量が劇的に減少して、今では絶滅の危機にあり世界で数本しか存在しない希少品種となりました。

 

このリンゴはそういう理由で一般の市場には出回っていません。

 

この長期間味が変わらない(腐らない)理由が幹細胞の働きによるものということが明らかになり、近年はスキンケアの用途のために栽培され始めています。

 

 

今この「ウトビラースパトラウバー」のリンゴ幹細胞エキスが世界中で注目されています。

>>>

アメリカドラマの特徴